路線バスのラッピングが増えています - 使い勝手の良さも魅力のイベント車両のラッピング
  • 路線バスのラッピングが増えています

    道路を走っている路線バスに目を向けると、車体にはさまざまな宣伝が描かれているのが分かります。
    これらは宣伝費用として大きな収入になっていますが、以前は大変な面もありました。

    従来は塗装によるペインティングが一般的で、ペンキなどで塗っていくので仕上がるまで時間がかかり、その間はバスが使えなくなります。


    作業時間が長く、しかもコスト面も高いので、広告料の収益として微妙な問題となっていました。

    路線バスのラッピング情報をお教えします。

    さらに塗り直しの時には一度塗装を落とさなければいけなく、これも時間や費用がかかって問題です。
    しかし最近は路線バスにラッピングをすることが増えてきて、こちらの方法は時間の短縮、費用もリーズナブルになると魅力が大きく、人気となるのが分かります。
    ラッピングの方法はフィルムに依頼された内容を描いていき、そのまま車体に覆い被せていくので手軽です。しかも新しくする時は古いフィルムを外して、次を被せればいいので手間がかかりません。
    コストダウンも嬉しく、現在では主流の方法となっています。

    路線バスのラッピングで気を付けたいのが長持ちがしないところで、長期の宣伝は塗装の方がいいかもしれません。



    ただ最近は宣伝のサイクルが短くなっていて、期間中に問題が起こることはほとんどないです。


    フィルムを被せるので車体に傷がつくこともなく、安心して使うことができるのが魅力です。


    それぞれメリットとデメリットが違いますので、特徴を知って必要な方を選択すると役立ちます。